testata
testata
   testatagiapponese
testata
base giap
indice
lo Bulletin of Nicaragua
lo Federico II
lo Scultura
lo Bulletin of Malta
lo Astro Fisica
lo Vulcanologia
lo O.n.u
lo Il Safonte
loIVONE YAMAMOTO





Sicilnews! Meteo
Nome Utente:
*
Password:
*



Inserisci la tua e-mail, ti informeremo su tutte le news della settimana
l私達の新聞
 
 
 
 
 
Aggiornato il: 06-Mag-2009 19:53   
           Mercoledi 24 Maggio 2017

薬剤およびエイズ

lo

それはによって私達の子供のため
である家族のための本である
近い事からよりよく知ることは多
くの家族が不運に作ったこの大きい
演劇の方に弾力性へ薬剤のト
ンネルに入る回避のためにするため
に彼らの親への聞くおよび防止用具である。
本では彼らが入るとき
心臓学医、会計医者および防止をおよび
可哀想に薬剤の袋小
路の病理学の部分また取扱われるS.E.R.T
読書は男の子からの言語簡単な入手しやすい
のすべてとの線形理
解できる家族科学的なセクター。
本は次の版が英語にあるイタリア語
に一時的に、フランス語書かれ、
スペイン語、本の費用はある
€12.50   
Vedi Curiculum Di Angela Giarratana

LE CROCIATE (Templari o Cavalieri del Tempio)


Dott.ssa Patrizia Pepe

laureata in Accademia belle arti ramo decorazioni
RESPONSABILE U.O.S UFFICIO BENI CULTURALI
COMUNE DI CANICATTI'


loPer potere fare una accurata descrizione, dei Templari, è opportuno accennare al periodo ed ai motivi, che hanno dato vita a questo ordine, che può definirsi un movimento di liberazione e tutela dei luoghi cristiani. Siamo intorno all’anno 1086, cioè quando in Europa le truppe turche comandate dal principe Ortek, entrano in Gerusalemme devastando chiese, massacrando sacerdoti e finanche prendendo prigioniero il patriarca. La popolazione cristiana insorge, a tutto questo scempio con sgomento, cercando di riportare alla serenità ed alla normale vita quotidiana i luoghi sacri. Non era la prima volta che ciò accadeva; i luoghi sacri erano stati da sempre oggetto di assalti e rapine. Per circa quattro secoli i maomettani governarono questi luoghi, ed anche se tra mille problemi di vario genere ed assalti alle chiese, la vita continuava regolarmente. La situazione precipitò intorno all’anno 1000, quando la Siria e la Palestina, caddero definitivamente in mano dei TURCHI-SELGIUCIDI, una selvaggia e crudele popolazione proveniente dalle steppe del TURKESTAN. Da allora i viaggi in Terra Santa divennero impossibili; chi si azzardava a raggiungerla, era oggetto di assalti e vessazioni, rischiando persino la vita; per i cristiani residenti in Palestina, la situazione era ancora più difficile. Gerusalemme venne saccheggiata parecchie volte, fatto che finalmente scosse gli animi, poiché mise in evidenza il problema dei luoghi sacri per tutta la Cristianità. Non si poteva restare impassibili dinanzi a questa immane distruzione, che privava i Cristiani della possibilità di preghiera. Per porre fine rimedio a queste infami azioni, nel 1095, a Piacenza si tenne un Concilio, nel quale, fu stabilito che tutti i Cristiani dovevano unirsi al fine di organizzare una spedizione in Terra Santa, per riconquistare i luoghi sacri. Qualche mese più tardi in Francia, precisamente al Concilio di Clemort, il Papa Urbano II°, cercò di ripetere l’invito, lanciando un appello ai maggiori feudatari francesi. Molto presto, dopo questo appello, la Francia si mosse aderendo al movimento di liberazione, che ben presto si diffuse in tutta l’Europa; tutto ciò fu possibile perché la Francia possedeva una propria cavalleria, che all’ardore della conquista, metteva innanzi il senso religioso. Questi “Soldati” avevano come segno di riconoscimento una CROCE ROSSA sul petto, ed una più piccola sulla spalla destra; da ciò presero il nome di CROCIATI, come CROCIATE, furono chiamate le battaglie da loro combattute per liberare i luoghi sacri dagli eretici ed infedeli. Queste battaglie, furono accolte benevolmente anche dalla nobiltà, poiché vedevano in esse da un lato il modo per mettere in pratica i loro ideali cavallereschi e guerrieri, dall’altro, si offriva loro la possibilità di uscire dallo stato di miseria in cui versavano, determinato dal feudalesimo. A coloro i quali erano pronti a partire, la Chiesa, oltre la benedizione apostolica, la sospensione, a volte concedeva il condono dei debiti. Incitate da queste promesse, migliaia di persone, si unirono per formare l’esercito della Cristianità.

最初の改革運動
lo

実際はトルコ人は救われることに多くの虐殺を、彼成功した
cruciform軍隊の彼自身部分だけ託した。続いてまた貴族はおよそ100.000
人とTarantoからBuglioneの、王子からのBoemondo運転された軍隊の彼をそして
Fiandra のBaldovinoからのGoffredoによって、結合した。どこでもそれはキ
リスト教の公国の施設として、左この軍隊いくつか辿る、アラビア
overcomingsからの独立を維持し、保証するために入った。 6月3日に1099
年では、正確に、キリスト教の軍隊は出発から3年、それらが逃されなかった
脱会でなかった3つの長い年後にエルサレムに、丁度入る。、熱意はエルサレ
ムの都市聖者組み直された入って来。実質の大虐殺を同情した苦闘の1か
月後に同じ恥じなければならなかった祈りの聖者Sepulchre
のフィートに手渡し、大いにより長く残った。トルコの攻撃からの都市を、
クルセーダー守るためには、彼らはBuglioneの積送品Goffredo
の最も代表的な司令官にそれのガイドを堤出する周囲の領域の都市を
構成することにした。 それは不安定な位置で約2世紀の間持続しても、
そう生まれた海間の地球の率直な王国、ストリップおよび砂漠。新しい
王国の周囲の国のクリスチャンを、引き付けるあらゆる方法で捜した;
 地域はそれにもかかわらず人口が包囲の連続的な状態にあった剛毅と国は
Saracensの乳母常にだったが、凝固した。軍隊に直面しなければならなかった
より大きい問題の1つは強さの欠乏敵の攻撃からの彼ら自身を守る半分であり。
この状態に取り除くためには、Chivalrous物の、多くの連続を持つために予定される
最初の施設は作成された。それらはその更に修道院順序宗教を放免す
るためにであり武器およびと守られた聖職の義務は地球の聖者で持っ
て来られた人口を護衛した。 2つは聖者Sepulchreの防衛のための一階の特に
chivalrous順序、だった: 寺院のTEMPLARIかライダーのそれおよびGIOVANNITI
か病院のそれ。最初の等級、名前が中央中心はエルサレムで見つけられたとい
う事実から得た彼/彼女が彼をによってあったSalomoneの寺院信じた場所の
Templariの等級、およびそれはシャンペンの貴族、PeyensのUgoによって創設され、
すべての社会階級の人々を理解した。寺院のライダーは強国の位置、積極的に彼を時間の豊富な
possessionesがあることを来た新しい体制を公表するのに使用したst. Bernard
の興味のおかげで達した。これすべては理想の維持に実際はある年後に順序が分
解したこと基礎あらゆる歴史の期間のように順序の司会したこと、なった権利の乱用お
よび主権のために共通苦闘にそんなに役立たなかった。 第2 chivalrous等級に、Giovanniti
の等級または病院に、st. Giovanni Battistaに捧げられたエルサレムそれの病院からい
わゆる同じ運命があった。それは巡礼者を助ける目的と生まれがすぐに豊富、
に強力になり、支配の行為を前景に置く。 Templariのそれとして順序Giovannita
に認識の印として、十字があったが、Templariでふたが赤十字と白い間、 Giovanniti
にふたは白い十字と黒く、戦いで彼らは白い十字との赤い愛撫を使用した。
すべての終えられた努力にもかかわらず、それは地球の聖者がトルコ手で落ちたこと、
TemplariおよびGiovannitiのchivalrous順序の施設からの少し時間を使った。
 、法皇はXII°世紀から始まって、主義および皇帝のトラップを脱出するために種の流浪に住ませる。

lo

フランスの政治は彼自身の球内の教皇制度を吸収する意思を用い
る他の問題を加えるために着く。
bonifacio VIII°法皇は態度を維持することを試み、
Phillipの方のどの位よりしっかりした可能美しいものか破門にかなう; しかし一方では
Benedetto XI°、穏やかなドミニコ共和国の修道士彼の後継者の法皇、
非常にすべての方法で破門をPhillipから取除くおよびBonifacio VIII°
法皇が彼の比較で取った罪があるAnagniの攻撃に、正確に時高い
裏切りの罪がある試験にフランスの司教を加わるために決定を減少させる
調停を彼ののある宣言に続いて阻止し、堤出するために作られたPhillip捜した。
教皇、法皇に帝国問題の力がなかったことを断言するこれすべては王が、
時間のための独立がずっと自由国に外的な影響なしでなるためにそんな
にほしいと思っていたフランスの人々の無条件サポートの確かめたのでまた
可能、均一であり。 彼の歌からの、Bonifacio VIII°は、彼の理想を捨てている
競争に去るべきタイプでなかった。 実用的にある聖職それからのあらゆる
力からの現代自治が、耐えられていた。実際は1302年に、ビードで、
彼は「指定された2本の剣の原則」を断言し精神的な力に権限が
見つけた一時的な力をあった、異端を宣言する同じ時期誰でも反対の1つを支えた。
 Phillipは美しいもの非常に激しかった。それはすぐに彼が彼を判断したのはpontiff
が異常な議会の集会を頼む彼の前任者の殺害の異端そして罪があったこと、
公に宣言したからである。これらの口論は破門のイブまで持続した: 簡単な囚
人および彼がコラムの1人によって強く打たれたので、Bonifacio VIII°はAnagni
の彼の夏およびコラムによってされた兵士のグループで開いていた使用できるように、
それを悪い状態扱った。 bonifacio VIII°法皇、法皇の多くの善良な人で、
彼は彼の潔白の提示に、与えるPhillipの邪悪に美しい1つを成功しなかった。
少数の日後Anagniのばら色の上りの人口: 彼は死んで後で2か月こと成功し、
pontiff、病人の解放に、苦しんだ不公平不公平ののために憤激し、非常に、
教皇制度をフランスの外交の手に残す。記憶への異常な議会の適用は、Bonifacio VIII
°を判断するために、法皇からClemente V° Phillipによって同じ美しいもの得られたが、
最も深刻な事は王がそれできていたTemplariの順序を覚醒させた順序の抑制のためのだけ、
主に操作が行われた方法のための多くの印象を、抑制したがことだった。
それは寺院のライダーが順序に加入を告白したのは苦悶達したからである。
過少見積りされてはならない別の面それはあなたまたは彼らが戦闘的な目的
に年および力の間に集めた全家督を見る羨望だった。
見る欲求との彼消えたClemente V°法皇は数年後知らない
ため調和の同じ神の子供を置く方法を有罪の感覚と人々を、結合し、!








Bibliografia:
Le Grandi Religioni (Rizzoli)


By Redazione
ls
 
版権©2006 V1.0s www.sicilnews.comはすべての予約権利およびあなたによってそれぞれのホールダーの所有権であるバッジを示す
この場所網の使用はプライバシーの規則のwww.sicilnews.comの消費者のための調和の受諾を関係させる
(網のマスターの電子メール(webmaster@sicilnews.comは) ????? Mozilla Firefox Ris.1024x768を最大限に活用した